一人一人がもっと活躍できる世界を

日本発のオンライン
エンターテインメントを
世界に


ライバーってどんなお仕事?

2021.05.08

ライバーとは

ライバーとは、ライブ配信アプリを使い、⽣配信を行う人のことを指します。配信内容は多岐に渡り、リスナーとの雑談をメインとした「対話ライバー」配信中に歌ったり、踊る「歌手・ダンサーライバー」ゲーム配信をメインとしている「ゲームライバー」もいます。
代表的なライブ配信アプリは「Pococha(ポコチャ)」「17Live(イチナナ)」「SHOWROOM(ショールーム)」をはじめ、昨今沢山の配信アプリが出てきています。

 

どう始めるのか

用意するのはスマホ一台のみ!生配信のため動画編集をする必要もありません。
フリーで活躍する人も、ライバー事務所に所属する人もどちらもいますが、ライバー初心者であれば手厚いサポートのある事務所に所属をするのがおすすめです。

 

ライバーになると何ができるの?

ライバーになる代表的メリットは3つ
1.自分のファンを作ることができる
2.有名になれる
3.稼ぐことができる

自分のファンを作ることができる

ライブ配信中は、ライブを見ているリスナーとリアルタイムで交流することができます。例えば、視聴者からのコメントや質問に対して返事をしたり、リスナーさんも毎回配信に来てくれるため、ファンになるスピードや熱度が非常に高く、ライバーとしての活動以外への応援にも繋がります。

有名になれる

インスタグラマーやYotuberなど市場が飽和している仕事と違い、ライバーはコロナをきっかけに増えてきたトレンドの新しいお仕事です。そのため今ちゃんレンジすることで、目立つことが出来るチャンスが沢山あります。大手ライブ配信アプリでば、イベントとしてコラボオーディションが開催され、条件を満たせばオリジナル音源を作ってもらったり、イベント出演、人気雑誌や広告のモデルとして活躍することができます。
また、ライバーさんへのインフルエンス案件も増えており、TokyoPartnersでも所属ライバーさんのCM出演や紙面広告掲載を積極的に行っています。

稼ぐことができる

リスナーが応援しているライバーに、有料のギフトやアイテムと呼ばれるものを渡すことで収入が発生する仕組みです。TokyoPartners所属のライバーさんは初月から数万円~数百万を稼ぐ人もいますし、ベテランライバーの中には月収数千万を毎月稼いでいる方も。稼げる額は青天井です!